生活支援サービスで困りごと解決

2014年11月26日

 高齢者の生活を便利にする新しい生活支援サービスが続々登場している。介護保険外で自費で受ける家事の手伝いや、病院への同行、訪問理美容など今までの生活をより長く継続するためのサービスが多様化し、高齢者にも利用しやすくなっている。効果的に生活サービスを取り入れ、無理なく快適な生活を送りたい。生活支援サービスの新たな取り組みを紹介する。

 サービス付き高齢者向け住宅「グレイプス浅草」(東京都台東区)。机といすのみが置かれるシンプルな相談室が、月1回街のおしゃれな美容室に様変わりする。事前予約した入居者が時間に合わせて続々来店。取材当日は入居者9名が利用した。

 カラーとカットを注文した女性、実はこの高齢者住宅に入居して間もない。入居前、2ヵ月間病院へ入院していてその間美容室に行くことができなかった。「美容室に行きたい」と高齢者住宅のスタッフに話すと、すぐにこの訪問理美容のことを教えてくれたという。「久しぶりの美容室で楽しみにしていた」と嬉しげだ。

 訪問理美容専門の出張サロンun(東京都港区)は、利用者の好みの髪型やこだわりをさりげなく聞き出して、センスの良い髪型に仕上げる。東京・青山で経験を積んだ美容師が施術してくれるのも高齢者から好評だ。

 カラーとカットが出来上がり、鏡を見て思わず「いいね!」。女性はにこやかな表情に変わった。今回が初めての利用だったが、次回も利用したいと話す。

 同社では介護施設や一般住宅にシャンプー台や道具を持って訪問し、カットやシャンプー、カラーリング、パーマ、ヘッドスパまで、美容室で受けられるサービスをそのまま提供する。「サロンをそのまま移動する」ことをコンセプトに、音楽やアロマでの空間づくりも怠らない。

(以下省略)

株式会社高齢者住宅新聞社
Page Top